監獄

from by umberlite

/

lyrics

目を塞いで 言葉を受け入れ
心臓を伝う異形の本性

監獄 ― 居心地の良い監獄
太陽の前で無意味な蛍光灯

聞こえる 傷口が開く音と
より深い失望の扉が開いた音だけ

朱に染まる悪意の化粧で
絶望の淵 辺りが騒ぐ
恩恵よりも憎しみを覚え
締結の一瞬 長い言葉で

今もまだ刑務所の中
寒さと後悔の渦の中
不幸を欲して傷を作る
消えない陽炎 耳を塞ぐ

心臓を伝う 聞こえない感謝
汚い懺悔 騙される

鉛が頭の中を流れていくのが分かる
目の前がぼやけていくのが分かる
希望が幻想に変わるのが分かる
聞こえる 傷口が開く音

自由と天秤にかける居心地の良い監獄
太陽の前じゃ蛍光灯は無意味だって気づいた
影の大きさを見れば分かるが
(身に余る可能性を享受するよりも)
監視カメラのような目をした人間を選ぶ

credits

from S​/​T, released October 27, 2014

tags

license

all rights reserved

about

umberlite Tokyo, Japan

contact / help

Contact umberlite

Streaming and
Download help

Redeem code